2016年6月24日更新

【Q&A】vol,9 障がい者虐待防止のための研修はどのような内容が良いでしょうか

,

Q:
障がい者虐待防止のための従業員研修を行う場合、どのような研修内容にすればよいでしょうか

A:
障がいの特性を理解し、障がい者への接し方などを学ぶ研修やどのような行為が障がい者虐待に該当するのか、障がい者虐待を発見した場合にどこに報告し、事業所としてどのような措置を行うのかなどの研修を実施することが良いと考えられます。

なお障がい者虐待を防止するためには日ごろより、障がい者の人権についての理解を深め、障がいの特性に配慮した接し方や仕事の教え方などを学ぶことが大切です。
障がい者虐待の防止に向けて、定期的な社内研修や、労務管理担当者を各種研修会へ参加させるなどの取り組みを行うことが良いでしょう。

どのような行為が障がい者虐待に該当するのかはこちらに詳細がございます
http://startnext.start-line.jp/archives/206

 


障がい者雇用のことならなんでも相談ください
株式会社スタートラインは、様々な障がい者雇用支援サービスを提供しております。
興味をお持ちいただけた方は、まずお気軽にご相談ください。


この記事を書いた人

STARTNEXT!

StartNEXT!編集部
この記事は株式会社スタートラインの社員および専門ライターによって執筆されています。障がい者雇用の役に立つさまざまなノウハウを発信中。

STARTNEXT!
障がい者雇用について最新の情報をメールで簡単に購読できます






この記事をシェアする