2016年5月25日更新

【Q&A】 vol,5 周囲への障がいの公開はどこまで実施をすれば良いでしょうか?

,

Q:
周囲への障がいの公開はどこまで実施をすれば良いでしょうか??

A:
本人に確認し本人の希望に応じた範囲内で公開すると良いでしょう

障がい状況の公開範囲は本人の希望を確認して、企業として可能な限りの配慮をすることが良いと思います。

なお障がいを積極的に公開して働くことをオープン、非公開にして働くことをクローズと表現します。

企業側としてはオープン・クローズに関わらず、社内での配慮ができているような状態が2016年4月1日から施行される改正雇用促進法(差別の禁止・合理的配慮の提供義務)の意図となります。

誰もが活躍できる環境づくりを目指していきましょう。

 


障がい者雇用のことならなんでも相談ください
株式会社スタートラインは、様々な障がい者雇用支援サービスを提供しております。
興味をお持ちいただけた方は、まずお気軽にご相談ください。


この記事を書いた人

STARTNEXT!

StartNEXT!編集部
この記事は株式会社スタートラインの社員および専門ライターによって執筆されています。障がい者雇用の役に立つさまざまなノウハウを発信中。

STARTNEXT!
障がい者雇用について最新の情報をメールで簡単に購読できます






この記事をシェアする