2017年8月18日更新

働く上での活力!モチベーションはどこにある?

,
91387992f11f54c7955f3fafd57a4359_s

StartNEXT!をご覧いただいているみなさま、はじめまして。
私は、株式会社スタートラインの運営する、障がいをお持ちの方が就労されている<サポート付きサテライトオフィス>にてサポーター職として勤務しています。
現在は、開設したてのオフィスに委託社員として常駐し、精神障がい者手帳をお持ちの従業員の皆様(※以下メンバー様と記載いたします)と一緒に、自立稼働に向けたスタートアップ支援を行っております。

本記事では、メンバー様に”長く、安定的に”ご就業いただくためのほんの少しの、当たり前だけどとても大切なポイントをご紹介いたします。

まずは、自分の職場環境をイメージしてみてください

通常、一般的に「企業」と言われる箱の中では、従業員(一般職)<管理職<取締役<代表 と役割が分かれています。
形態としては、部下の上に上司が存在し、上司は部下に対して時に厳しく指導をし、落ち込んでいるときには励まし、良い功績が出たときは褒め称えます。
部下は、自分が受けたフィードバックを元に、紆余曲折しつつ、成長をしながら会社の礎になっていきます。

では、サテライトオフィスの職場環境はどうでしょうか

サテライトオフィスとは、障がいを持つ方にご利用いただく専用のオフィスとなります。
障がいに対する専門知識・支援スキルを持ったサポーターが各企業様のオフィスに付き、日々安定就労に必要なサポートを行っていますが、基本的にはメンバー様のみでご就業いただいている企業様がほとんどです。

その背景には、スタートラインのサポーターが定期的に面談を実施し、メンバー様のご就業状況を報告書にまとめて企業様にご報告差し上げていることで、サポートをお任せいただいているという企業様からの信頼があります。しかし、我々サポーターだけでは、人が仕事をしていく上で重要なポイントはサポートできないことを痛い程痛感しているのが現状です。

そうです。そのポイントこそが、モチベーションなのです。

ここが重要!モチベーションとは何を意味する?

モチベーションとは、仕事を行うにあたっての”意欲”や”やる気”を意味しますが、サテライトオフィスのメンバー様にとって、実際に何がモチベーションにつながるのか。
過去に数社様のスタートアップを担当した経験から、ポイントをいくつかご紹介いたします。

▼求めるのは自分に対する評価!業務に対するフィードバック▼
前段でもご説明しましたが、企業という組織で就業する以上、仕事に対する評価は必ずついてきますし、自分の仕事を振り返るための必要な指標にもなります。
サテライトオフィスで就業されているメンバー様は、直属の上司や業務担当者が側にいることが少なく、基本メールや電話でのやり取りが多くなってきます。そのため、自分の仕事に対する評価が見えづらいと感じる方がいらっしゃいます。特に、精神障がい・発達障がいをお持ちの方は、ご自身の進めた業務の成果(正誤)が不明瞭であることにストレスを感じやすい傾向があります。

▼自分たちを見てほしい!”気にかけてもらっている”という安心感▼
オフィスが離れていると、お互いの状況はすぐには見えません。しかし、メンバー様は日々ご自身の業務を遂行する中で、様々な悩みや葛藤を抱えながら就業されています。
サテライトオフィスをご利用いただいている以上、ご就業中のサポートはスタートラインが責任を持って務めさせていただきますが、不安定になっているときこそ上司や業務に関わるご担当者様から声をかけていただけると、それだけで安心につながることがあります。

▼サテライトオフィスの立ち位置は?企業の一員として働いている、という帰属意識▼
サテライトオフィスで就業するメンバー様は、他の従業員の方々との接点が多くありません。
オフィスが離れていることで就業生活を取り巻く世界が狭くなり、オフィスが企業から独立した”別の企業”のようになってしまうことがあります。
そのため、オフィス外の方々と”業務依頼をくれるお客様”のような視点で接するようになってしまうケースも、過去に実際に発生しています。

仕事におけるモチベーションは、健常者・障がい者問わず必要なエネルギーです。
上記のポイントから、サテライトオフィスで就業するメンバー様にとってのモチベーションは、皆様(所属部署・業務のご担当者様など)との接点 にあると感じております。

最後に:モチベーション高く就業していただくために…

ここでは、現在サテライトオフィスを利用いただいている企業様で取り組まれている接点方法をご紹介します。
 ・月に1度の業務報告会@本部……サテライトオフィスの業務遂行状況の報告
 ・週1の定例ミーティング@サテライトオフィス……業務の打ち合わせなど
 ・3ヶ月に1度の個人面談@本部orサテライトオフィス……業務に対する評価・フィードバック
 ・サプライズ訪問@サテライトオフィス……就業状況の確認

“特別な何か”を日常に加える必要はなく、業務上必要だと思われるコミュニケーションを活用して接点を増やすだけで、
メンバー様のモチベーションアップにつながり、仕事への意欲・企業に対する帰属意識が高まります。

メンバー様にとって何より大切なのは、皆様からの”いつも見ているよ”というメッセージです。

この度ご紹介したポイントが、サテライトオフィスに関わらず障がいを持って就業される皆様が、末永く安心して仕事に専念できる環境作りに役立つ情報となりましたら幸いです。

 


障がい者雇用のことならなんでも相談ください
株式会社スタートラインは、様々な障がい者雇用支援サービスを提供しております。
興味をお持ちいただけた方は、まずお気軽にご相談ください。


この記事を書いた人

STARTNEXT!

StartNEXT!編集部
この記事は株式会社スタートラインの社員および専門ライターによって執筆されています。障がい者雇用の役に立つさまざまなノウハウを発信中。

STARTNEXT!
障がい者雇用について最新の情報をメールで簡単に購読できます






この記事をシェアする